【CBD】ドンキホーテでは教えてくれない選び方!

ドンキホーテで売ってるCBDを買う前に!CBDリキッドのドンキホーテでは教えてくれない正しい選び方をご紹介。

未分類

糖尿病とカンナビノイド欠乏症との関係性について

投稿日:

そもそも糖尿病ってどんな病気?

糖尿病とは、体内のインシュリンを効率的に生成したり、使うための身体にある能力に関係している病気で、1型と2型があります。

インシュリンは、身体には必要なホルモンで、インシュリンがないと血液中に糖が増加してしまい、その状態を放置すると危険な状態となってしまいます。

脾臓がインシュリンを生成することが出来ない場合に起こるのは1型です。

1型は、身体が自分のインシュリン産生細胞を破壊してしまうことから、自己免疫疾患のひとつと考えることが出来ます。

一般的に1型は子供の頃から発症して、生涯を通して血糖値を抑制するインシュリン注射を行います。

2型は最も多い糖尿病で、脾臓が充分にインシュリンを生成しない場合や、細胞が正常にインシュリンに反応しない場合に起こるもので、血液中の糖が高いため、腎不全や心血管疾患、脳卒中などの健康上のリスクは高くなります。

2型は一般的には成人に発症し、肥満は特に2型の発症に影響する症状と言われています。

初期段階は食事管理や運動によって規制することが可能ですが、血糖値を抑制するために薬を服用することもあります。

糖尿病には1型と2型がありますが、どちらも中心となるのは免疫システムや、過度の炎症、酸化ストレスなどが複雑に絡み合った状態で、それらに影響を与えるものにカンナビノイドがあると科学者には信じられています。

CBDが糖尿病を改善?エンドカンナビノイドシステムがカギ

尿病の改善や治療には、1型や2型など型によって方法はありますが、CBDオイルが改善するという可能性もあきらかになってきています。

身体には生きていくために本来備わっている身体調整機能というエンドカンナビノイドシステム(ECS)があります。

このECSは全身に分布しており、細胞同士を支えていますが、生活習慣の悪化や強いストレス、老化などによって働きが弱くなってしまいます。

この状態はカンナビノイド欠乏症と言って、現代人に多い病気や老化に伴う様々な病気の原因となっています。

カンナビノイドは身体で作ることが出来ないため、外から摂取して不足分を補う必要があります。

カンナビノイドは、麻という植物に含まれる104種類の成分の総称で、精神作用のないCBDもカンナビノイドのひとつです。医療用にも利用されており、医療用はうつ病や自己免疫疾患、アルツハイマーや心臓疾患だけではなく、糖尿病にも効果があると言われています。

CBDなどカンナビノイドは、医療用にも利用されているものです。生活習慣やストレス、老化によるカンナビノイド欠乏症はカンナビノイドを外から補充することで、症状が改善する可能性もあり、糖尿病を改善することも期待できます。

-未分類
-,

Copyright© 【CBD】ドンキホーテでは教えてくれない選び方! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.