【CBD】ドンキホーテでは教えてくれない選び方!

ドンキホーテで売ってるCBDを買う前に!CBDリキッドのドンキホーテでは教えてくれない正しい選び方をご紹介。

未分類

CBDオイルは血圧を調節する作用がある?

投稿日:

高血圧とは?高血圧症治療薬とは?

高血圧は血圧が高い状態のことで、通常でも慢性的に数値が高いことを指します。この状態は血管に掛かる負担が大きく、脳や心臓の疾患を引き起こすリスクを高めます。

正常値は最大でも135mmHg未満ですが、高血圧になると150mmHgを超えるケースもあります。

血圧は食事や運動でも変化しますが、安静にしている状態で常に高いのは異常です。

一般的には年齢と共に上昇傾向ですが、若い世代で正常値を上回るのは問題だといえます。

改善には食事の見直しや運動、生活習慣の取り組み方が基本で、初期の段階ではこれらが指導されることになりますが、改善が難しく薬に頼る必要性が出た場合は、高血圧症治療薬が処方されます。

薬は降圧を目的とした成分が配合されていて、血管に作用したり心臓に働き掛けるものもあります。

また、尿量の増加や自律神経のコントロールなど、血圧を下げる薬といっても仕組みは様々です。

血圧を上げる要因に作用する、間接的な仕組みの薬も存在するので、治療を必要とする人には選択肢が豊富です。

ただ薬で半強制的に血圧を下げるので、血管や内臓に負担が懸念されます。

適切な選択と使用が重要ですから、一般人が安易に判断することはできませんし、専門家のサポートを要します。

CBDオイルで血圧が下げる働きが期待されている!

CBDオイルには、実は血圧を下げる働きと、期待できる可能性があることが確認されています。

吸収率の高い水溶性CBDオイルは特に、作用の期待感が高く、生活のサポートに役立つと思われます

体内に入ると血管拡張作用を発揮するので、これが血圧の低下に結びついていると見られます。

更に、鎮痛作用も有していることから、ストレスの誘発による高血圧の改善にも役立つと考えられています。

過去に行われた成人男性が対象のテストでは、CBDオイルの摂取で5mmHgの収縮期圧低下が確認されました。

厚生労働省が認めているとまではいえませんが、実質的に購入の制限はなく、信頼のお店で正規に販売される製品であれば、成分的にも安心できるでしょう。

勿論、禁止されている成分が検出される製品は駄目ですが、逆に成分分析済みの製品なら、健康面の作用の期待が高まります。

オイルの良いところは自然なコントロールで、薬のように半強制的で強力な作用が生じないことです。

要治療の人は別ですが、生活習慣の改善が必要な人にとっては、健康サポートの1つとして役立てられます。

これまでの実績が信頼に値するお店で、成分に問題がなく厚生労働省が明確に禁止していない正規品を選ぶと、クリーンでより安全な使用が実現します。

 

-未分類
-,

Copyright© 【CBD】ドンキホーテでは教えてくれない選び方! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.