【CBD】ドンキホーテでは教えてくれない選び方!

ドンキホーテで売ってるCBDを買う前に!CBDリキッドのドンキホーテでは教えてくれない正しい選び方をご紹介。

*

欧米で人気のCBD(カンナビジオール)製品が販売されるようになりましたね!

ただ、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

このサイトでは、CBDリキッドの正しい選び方をご紹介していきます。

適当に選んでしまうと「効果を感じられなかった」「喉が痛くて吸いきれなかった」なんてことになりかねません。

2013年の管理人が、50種類以上の製品を試した上での選び方なので、レビューさえしていないようなサイトより断然ご参考になるかと思います。

選び方①・ナチュールのCBDペンは短期的な効果のみ!

ドンキホーテの売り場にはナチュールCBDペン(NATUUR CBD PEN)が置かれていますが、長期的な効果を期待する方にはおすすめできません。

軽いリラックス感や寝起きの変化は実感できるものの、長期的に生活のクオリティを上げるのには向いていません。

量と濃度がそれほど多くないからです。

CBDペンは2〜4パーセント程度の低濃度で、200回程度しか吸えないため、「まったくの初心者」「プレゼント用」には最適ですが、CBDの本当の効能を体感したいって方はやめておいた方が無難です。

選び方②・吸い心地で選ぶなら単一系のリキッド!

ドンキのコーナーにはナチュール社のCBDリキッド(4.2パーセント)が置いていますが、単一系なので吸い心地を重視したタイプになります。

単一系はCBDだけのリキッドで、吸い心地はいいものの、デメリットとして続けていくとある時期からパワーが落ちてきてしまいます。

つまり、実感力を重視するなら以下のフルスペクトラム系を選ぶのが鉄則です。

単一系は「初めてリキッドに挑戦する方」や「喉への負担を抑えたい方」に向いている製品です。

選び方③・実感力を重視するならフルスペクトラム系を!

ドンキの売り場にある最近人気の「+WEED(プラスウィード)」はフルスペクトラム系なので、実感力を重視する方に向いています。

フルスペクトラムは、CBD以外にもテルペンやCBV、CBGなど豊富な有効成分を含んでいるため、相乗効果が期待できることで知られています。

吸いやすい単一系にありがちなパワーの低下が起こらないため、最短で健康を増進できます。

CBDリキッドで最強といえばコレ!

以上、ドンキホーテに売られている3種類のCBDについてご紹介してきましたが、最強はドレ?と聞かれたら、間違いなく「+WEED」をおすすめします。

その理由はフルスペクトラムというだけでなく、日本最高濃度という点です。

たいていのフルスペ系リキッドは5パーセント前後ですが、+WEEDは10〜60パーセントと、群を抜いて高い濃度です。

効果を実感するために必要な2つの条件を完璧に満たしている数少ないCBDリキッドなんですね。

ドンキのCBDの効果は?恒常性を維持してくれる!

そもそもCBDにはどんな効果が期待できるのかというと、恒常性の維持という作用が知られています。

CBDが体内の受容体(受け皿のようなもの)と結合すると、「バランスを整えてくれる効果」が期待できます。

例えば睡眠障害で悩む人は、夜に眠れず朝起きれないという状態にありますが、本来のバランスと逆になっているということです。

CBDを取り続けることで、夜に眠くなるようにカラダのバランスが整い、結果的に寝起きにスッキリ起きられるようになってきます。

実感できる効果は人それぞれですが、恒常性が維持されることで生活のバランスが整ってきます。

cbd リキッドで「キマる」は真っ赤なウソ!

ここで効果の補足ですが、よくレビューサイトで「キマる」「飛ぶ」「マンチーになる」なんて言っている悪質なものがありますが、CBDにはそのような作用はありません。

キマるのは、日本では違法とされているTHCによる効果で、国内で手に入るCBDリキッドは基準値以下(0.3パーセント以下)なので、そのような効果はありません。

レビューサイトが増えることはいいことですが、商品の写真を載せていない、実際に試してもいないようなサイトには注意が必要です。

そもそもCBDリキッドとは?CBDオイルではないのでご注意!

そもそもですが、CBDリキッドとCBDオイルは摂取方法が異なるので、まったく別物になります。

CBDリキッドは気化させて吸うタイプですが、CBDオイルは経口摂取で飲むタイプになります。

ドンキホーテの売り場にあるのは気化摂取させるCBDリキッドで、飲むタイプは置いていません。

CBDリキッドはCBDの他に、PGやVGが配合してありますが、どちらも潤滑油のような成分で、味を乗りやすくさせたりしてくれます。

間違って経口用オイルを通販して、ベイプで吸ってもマズくて吸えたものではないので注意が必要です。

CBDリキッドのメリットは、効果を実感するまでの時間が短く、即効性があることです。

逆にデメリットは作用時間が短いということ。

経口用オイルは即効性はないものの、作用時間が長いという特徴があるので、うまいこと2つを組み合わせることで健康へ最短でアプローチできます。

別売りのCBD用Vapeが必要なのでお忘れなく

CBDリキッドは、電子タバコ本体のVape(ベイプ)を別途買う必要があります。

選ぶポイントは爆煙タイプ以外のものを選ぶことで、あまりにデカすぎるMODでは肝心のCBDを熱しすぎてしまい、成分が飛んでしまうことになってしまいます。

専門店のスタッフさんがよくおすすめしているのが韓国製のFOG1(フォグワン)とか、温度調整できるiStick Pico(アイスティックピコ)です。

コンパクトなタイプでアトマイザーもそこまで高くないので、続けるのも苦じゃないです。

*ベイプ本体の補足

+WEEDを公式サイトで買うと、初回限定でベイプ本体が無料で、毎月アトマイザーが無料でついてきます。

定期コースが条件ですが、アトマイザーは1個1000円はするので、リキッド代だけで続けられるので、コスパも抜群にいい方法です。

ドンキホーテだと、別途ベイプを買って、毎月アトマイザーを買い換える必要があります。

まぁまずは適当に試してみたい!って方は、ドンキで問題ないですが、できるだけコストを抑えて健康増進に向き合っていきたいって方は、ぜひ+WEEDの公式サイトをご覧になってみてくださいね。

ちなみに1個からでも10.000円以上で送料無料、ポイントバックがあるので、やっぱりドンキホーテよりお得ですよ^^

 

>>+WEED・ドンキホーテより安いCBD公式サイトはココ

cbd おすすめ
cbd リキッド
cbdペン レビュー
cbd vape

更新日:

Copyright© 【CBD】ドンキホーテでは教えてくれない選び方! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.